荷物が少なければ「宅配便」でも引越しできる?


引っ越しの際の荷物運びは、引越業者に依頼をするのが一般的です。

しかし、宅急便やゆうパックといった宅配サービスを利用することで、業者に依頼しなくても引っ越しができてしまう場合があります。


今回は、宅配便を利用した引っ越しのメリット・デメリットと、

どのような方が宅配便引っ越しに向いているのか、まとめてみました!



宅配便引っ越しのメリット











①引っ越し費用が安く済む


業者に依頼した場合、引っ越しの基本料金に人件費などがプラスされた金額を支払います。

宅配便引っ越しなら、配送料金以外の費用がかかりません。


引っ越しの料金は時期によって変動します。

繁忙期など依頼が集中する時期は相場が高くなりますが、宅配便には繁忙期料金がないので、自分の希望するタイミングで引っ越しができます。




②見積もりの手間がない


引っ越しの際は、複数の業者に見積もりを依頼し、価格交渉や日時調整を行いながら、比較検討を行うのが基本的な流れです。しかし数ある業者の中から選ぶのはなかなか大変な作業。

宅配便引っ越しなら、見積もりの手間が省け、その他の必要な準備に時間を割くことができます。




宅配便引っ越しのデメリット










①ダンボールを自分で用意する必要がある


業者に引っ越しを依頼すると荷造り用の段ボールを手配してくれますが、宅配便引っ越しの場合は自分で調達しなくてはなりません。

段ボールはホームセンターや通販サイトで購入出来るので、自分の荷物にあったサイズのものを購入しましょう。

スーパーなどで使用済みの段ボールを譲ってもらうこともできますが、厚さが薄いものや、汚れ・水濡れでくたびれてしまっているものも紛れています。

耐久性があるか、しっかりチェックしましょう。



②荷物の受取が当日中にできない


宅配便の荷物は到着が翌日以降になります。すぐに新居に移って生活を始めたい人は不便に感じるかもしれません。

すぐ新居に移らない場合も、荷物が届くタイミングに合わせて新居移る必要があります。

日時指定をして確実に荷物を受け取れるようにしましょう。



③大きな家具家電は送れない


宅配便は送れる荷物の大きさ・重さに上限があります。

家具や家電など、上限を超えるサイズの荷物がある場合は、そちらだけ別の手段で運ばなくてはなりません。




どのくらいの荷物量なら宅配便引っ越しが安い?


段ボールが10箱程度の荷物量であれば、宅配便の方が料金がお得になっています。

20個近くなると、引っ越し業者に頼んだ場合とあまり差がありませんので、

宅配便引っ越しをするメリットは低くなります。



「単身引っ越しで、荷物が段ボール20箱未満」

「主な家具や家電は引っ越してから買い揃える」

「自力の車やレンタカーで引っ越しをするので、一部の積み切れない荷物だけ宅配便で送る」


そんな方は、宅配便を活用するとお得に引っ越しできる可能性が高いです。

該当する場合は、ぜひ検討してみましょう!




荷物の少ない引っ越しには『デカ宅』がおすすめです!

「段ボールの荷物は自分で運ぶけど、家具家電だけ信頼できる業者に任せたい

「引っ越しの荷物は殆どないが、自力で運べない大型荷物があるので業者に依頼するべきかどうか迷っている

家具家電だけコストを抑えて送りたい!


そんなお悩みはございませんか?


デカ宅は「簡単に」「安く」「手間なく」家具家電を運びたい!そんな方にピッタリのサービスです。


家具家電の配送だけでなく、梱包からお届け先での設置・廃材の回収に至るまで、トータルサポート致します。

ご利用はご家財1点から。お電話1本でお申し込みいただけます!


引っ越しの際に出てしまった積み残しの家具家電の配送や、

セルフ引越しで大きな荷物のみプロに任せたい時にも、便利にお使いいただけます。


大きなお荷物の搬送でお困りの方は、是非ご相談ください!


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示